更新日時 2020年08月26日

北海道大樹町戦跡 トーチカ
 北海道大樹町戦跡 トーチカ:2017年5月北海道大樹町当縁川河口付近で十勝総合振興局帯広建設管理部の河川パトロール中にコンクリート製のトーチカが見つかった。1944年以降、米軍上陸に備えて道内に多くトーチカが造られた。トーチカ(ロシア語: точка)は、鉄筋コンクリート製の防御陣地を指す軍事用語。英語ではその形や用途からピルボックス(pillbox、錠剤ケースの意)と呼ばれ、掩体壕(バンカー)の一種に分類される。トーチカは、一般に円形や方形などの単純な外形で、全長が数メートルから十数m程度、銃眼となる開口部を除いて壁でよく保護された防御施設である。特筆すべきはコンクリート製の本格的なもので榴弾砲の直撃にも耐えうるため排除が困難を極めるところであり資材が不十分な場合でも必要とあれば現地部隊の努力で石やサンゴ礁の硬い砂、廃材など、あらゆるものが利用される。トーチカの壁には視察用と銃眼を兼ねた必要最小限の穴が設けられている。構造の大部分が地面より下になっており他のトーチカなどに接続される場合の通路は掘り下げられた溝状の塹壕や地上からの直接の出入り口がなく地下道によって接続されるもの、さらにはその地下道によって後方の大きな保塁や要塞とつながっているものもある。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。ユーチューブ動画
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。
@北海道大樹町戦跡のトーチカ。下の穴は水抜き?
@北海道大樹町戦跡のトーチカのある海岸は卵形の石が多い。
AJAXA(宇宙航空研究開発機構)の大樹航空宇宙実験場。
AJAXA(宇宙航空研究開発機構)の大樹航空宇宙実験場。
B大樹町航空宇交流センターの案内看板。
Copyright (C) 2008-2020 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『大樹町』を掲載」