更新日時 2017年03月07日

その他写真集

蕨市立東中学校 第19期卒業生同窓会

安東先生慰労会

蕨市立東中学校 第19期卒業生同窓会

 日 時  写真  コメント
2017年02月吉日 日之出水道機器は日本の企業で、水道、下水道、都市ガスなどのマンホール蓋等の鋳鉄製品の製造と開発を行っている。1919年に、現在の福岡市にて創業。上下水道用マンホールふた等のライフライン関連の鋳鉄製品の製造販売からスタートし、全国に事業を展開。創業時より「鋳物」という材料の可能性に着目し、90年以上にわたって研究開発に取り組んできた成果として、現在では目的に応じて様々な材料特性をコントロールする技術や、一体成形で最適な形状を実現する鋳造技術など、最先端の技術イノベーションを生み出しています。
2017年01月吉日 企画展「釧路・根室の簡易軌道」
釧路・根室地方の開拓や酪農を支えた小さな鉄道「簡易軌道」。1950年代から廃止までを中心に、写真と資料で紹介。期間:2016年10月29日(土)〜2017年1月15日(日)会場:博物館マンモスホール 《入場無料》簡易軌道は旧北海道庁が開拓民の入植地における交通の便を図るために拓殖計画に基づいて建設したもので、「地方鉄道法」や「軌道法」に準拠せず敷設された。「軌道」とは名付けられているが「道路の一変形」というべき存在であり、当初の動力は馬だった。建設された場所は泥炭地など泥濘で通行困難な地帯が多く、軌道を設けることで道路を代替するものとして整備されたのである。
2016年12月吉日 廃線ナイト!vol.5〜歩みを止めた鉄道線路祭り〜』Loft Plus One West【出演】前畑温子。LEVEL7G。よごれん。他。廃線とは、鉄道線路としての営業を廃止された線路のこと。その背景は災害や事故、過疎化など廃線の様々。そんな廃線の写真撮影や、探検をしている強者たちが、ロフトプラスワンウエストに集結!写真や珍エピソードで、廃線の魅力をたっぷりとご紹介。廃墟や錆、鉄道好き必見の夜です。
2016年11月吉日
2015年03月吉日
化女沼レジャーランド(けじょぬまレジャーランド)は、かつて宮城県古川市(現・大崎市)にあった遊園地。最盛期には年間20万人ほどの来園者がいて大崎地方では人気の遊園地となり、野外ステージでは人気ロックバンドなどのコンサートも行われた。閉園後に温泉掘削に成功したが、温泉宿泊施設として再開することなく未利用のままとなっている。元運営者の「自分の夢を叶えてくれる人が現れるまで撤去しない」という方針により、遊具や温泉、土地などを分割売却せず元運営者が所有し続けている。実質的に廃墟状態であるが、かつての従業員が定期的に園内の清掃等を実施しており、閉館時のまま保存されている化女沼お姫館や宿泊施設などは機械警備等で維持管理されている。「よごれん」さん主催で元運営者の許可を取り公式廃墟ツアーを実施。約100名ほどの廃墟ツアー参加者があった。
2016年11月吉日 第8回マンホールナイト
【開催日時】 2016年11月5日 土曜日。
【会場】 江東区総合区民センター7F第5会議室:東京都江東区大島4-5-1:都営新宿線西大島駅徒歩1分。
【開場】 18:30:【開演】 19:00:【終了予定】 21:30:【入場料】 1,000円。
マンホールの蓋好きが集まってキャッキャッする魅惑のイベント。
2016年10月吉日 第3回送水口ナイト:2016年10月8日(土)に送水口博物館で第3回送水口ナイトが開催されました。時間は14:30〜17:00迄、その後、送水口博物館で懇親会を行いました。その後も3次会へとなだれ込みました。送水口博物館の場所は東京都港区新橋2-11-1 村上建物ビル5階。トーク(村上善一、佐々木あやこ、きむち)特別ゲスト(伊藤健史)、送水口写真展他。
2016年09月吉日 路上観察トークライブ“ 街角図鑑 ”2016〜パイロンやマンホールほか道端で気になるアレコレおもしろ研究発表会!】カルカル王道!有名路上観察者達の面白街ネタ発表会! [出演]三土たつお / 村田彩子 / 小金井美和子。
2016年07月吉日 小原洞窟恐竜ランド&極楽洞:金鉱山跡を利用した迷路のような洞窟で、突然現れる恐竜の大音声や照明で太古の昔にタイムスリップしたような感覚になる和製ジュラシックパーク。極楽洞には、極楽と地獄それぞれにつながる2つの道があって霊界の不思議を体験できる。夏は約13℃と涼しく、冬は約12℃と暖かく感じられ、湿度が高いためミストだらけで、フラッシュを焚いての撮影には向かないが、坑道内は様々な照明が有り、高解像度のデジカメであれば撮影は可能。
2016年06月吉日 横浜測量散歩 2016
(仮称)平成28年度日本銀行横浜支店周辺道路測量業務(その1)計画機関KKS、作業機関みわ(現場責任者)、ほか有志一同(たくあん、あや、うさたま、Kazaana、キムチ、SAKI夢野、消火栓写真館、ジョージ、tss、Bake、歩鉄の達人、馬明、増山、ya_mei)本業務は、日本銀行横浜支店周辺の道路改良工事に伴い道路区域確定のため、4級基準点測量(既知点の確認、選点)、境界点の目視確認、工事用KBMの設置位置確認の作業を行う。
2016年06月吉日 ANAカード会員限定の松平定知先生の歴史セミナーとANA機体工場見学会がセットになったイベントが2016年06月04日開催されました。イベントはAコース(午前中機体工場見学会)Bコース(午後機体工場見学会)13:00〜松平定知先生の歴史セミナー視聴がAコースBコース合同で行われました。機体工場は格納庫内のB787やB737、B777の整備中の機体が見学出来ました。松平定知先生の歴史セミナーは真田丸を築城させた真田幸村と兄・真田信之の兄弟逆転説(松平定知先生推定)が視聴出来ました。機体工場見学会の写真公開の可否を事前に問い合わせが必要で、他社の機体や他のお客様・整備士・ガイドスタッフの顔が写っている場合は掲載をお断りしているので、撮影した写真を選定して公開しています。
2016年05月吉日 [Vergin] はじめての道路DAY
日付:2016年5月21日(土)
時間:[OPEN]11:00/[START]12:00 〜[END]14:30
場所:東京カルチャーカルチャー
住所:東京都江東区青海1丁目3-11 Zepp Tokyo2F
運営:ニフティ株式会社
2016年03月吉日 マンホールサミット2016はさらに進化します!マンホール蓋の魅力を語るだけではありません。蓋に隠された 驚きの機能や、普段目に見えないマンホールから下の世界を公開します。また、ファン待望のマンホー ルカードがついに登場!全国展開に先駆けて、プロモーション用カードも配布予定です。 3月19日は、足もとを再発見する日にしませんか!
2015年11月吉日 マンホールナイトvol.7-2015:2011年11月2日(イイフタの日)に初めて開催された、マンホールの蓋好きが集まってキャッキャッする魅惑のイベントです。著名なゲストをお招きしてマニアックな研究発表を行ったり、マンホール街歩きが併催されたり、展示・映像・マンホールの蓋リスペクトな料理や飲み物まで登場したりするなど、マンホールの蓋の魅力と深遠に迫ります。「マンホールの蓋を観察・鑑賞する」、ちょっと変わった趣味ですが、簡単に始められそれでいて奥が深いため実に多くの人がこの趣味を楽しんでいます。同じ趣味を持つ人たちと交流する機会をもっと増やしたい、マンホールの蓋についてより深く研究する場が欲しい、そのような想いを乗せて第1回マンホールナイトは開催されました。
2015年09月吉日
2013年10月吉日
長島鋳物株式会社は1945年(昭和20年)鋳物のまち川口市に誕生し、以来上下水道の歴史と共に歩んできた国内唯一のグラウンドマンホール(マンホール鉄蓋)専業メーカーです。開発コンセプトは「従来の枠に捕らわれない幅広い視野と、蓄積された技術と経験により、時代のニーズのトップランナーであること」です。時代の扉を開けながら、これまで市場に提供してきた商品の数々を見るとき、日本のグラウンドマンホールの歴史がそこに展開されています。強度や耐用年数が問題とされた時代から、デザインや色彩を追及した時代を経て、21世紀の長島鋳物は「安全」と「環境」をテーマにした商品を提供しております。社是は人間は意欲し創造することによってのみ幸福である。
2015年07月吉日 下水道展2015東京は、下水道事業の管理者である全国の地方公共団体等を対象に、全国の下水道関連企業(団体)の技術開発の成果等に基づき、下水道に関する設計・測量、建設、管路資器材、下水処理(機械・電気)、維持管理および測定機器等の最新の技術・機器等を展示紹介するものです。また、2018年の国際水協会世界会議(IWA)の日本開催が決定されたことや、国土交通省水管理・国土保全局下水道部の新下水道ビジョンでは、国際競争力のある技術開発と普及展開がうたわれるなど、水ビジネスの国際的な状況も変化しています。その中で、下水道展においてもアジアセッションの開催や海外へのプレスリリース配信等を通じ、海外からの来場者の誘致を積極的に図っていくとともに、日本国外企業の出展誘致も行っていきます。
2015年03月吉日 マンホールサミット2015:温故知新の蓋の祭典〜マンホール女子が語ります!〜昨年はじめて開催され、大反響を呼んだ「マンホールサミット」。不思議な幾何学模様からカラフルなデザイン物まで、マンホール蓋の魅力にハマった人たちと、業界関係者が一堂に会し、歴史や技術、訪ね歩きの面白さを幅広くトークします。今回は特に、近頃急増している「マンホール女子」が大いに語ります。
2015年01月吉日 岡山県指定天然記念物 井倉洞:高梁川沿いにそそり立つ高さ240mの石灰岩の絶壁で壁面に入口がある、永い年月の間に雨水等が浸食してできた全長1,200m、高低差90mの鍾乳洞。探勝時間は約40分。洞内の温度は常に15度〜16度と一定しており夏は涼しく、冬は暖かく感じられこの快適さは自然が作り上げた天然の冷暖房になります。1958年に初めて発見され、翌1959年には新見市によって観光地として開発が進められた。内部には地下河川が流れ、また高さ50mの「地軸の滝」もある。それ以外にも珍しいさまざまな鍾乳石が存在する。映画「八つ墓村」のロケ地としても使われた。岡山県指定天然記念物。井倉の滝は井倉洞のすぐ横の断崖を落ちる、高さがおよそ70mの滝。井倉洞内の地下水を洞外へ排水するために作られた人工滝である。
2014年09月吉日 ゴールドパーク鳴海(鳴海金山):807年相之俣弥三郎が金山を発見したと伝えられている。1171年池大納言頼盛奉行の時、採掘を盛大に行う。1597年上杉家蔵越後瀬波郡絵図に越後黄金山の主体、高根金山、猿田金山が明記。慶長年間には全国の産金量の3分の1を産出したと言われている鳴海金山跡は、当時のタヌキ掘り(手堀り)の跡と荒々しい岩肌が残されたままになっています。 1616年徳川秀忠の布令により鳴海金山の採金が廃止される。1870年時の役人吉田倍太郎により再び発見、採金されたが、8年後資本金は尽き廃山同様となる。その後約12年間、吉田は執念と根気強い努力によって採金を試みたが、結果は思うようにいかなかった。1200年の時を越え、現代によみがえった鳴海金山を見ることができます。
2014年09月吉日 日之出水道機器は、日本の企業である。水道、下水道、都市ガスなどのマンホール蓋等の鋳鉄製品の製造と開発を行っている。1919年に、現在の福岡市にて創業。上下水道用マンホールふた等のライフライン関連の鋳鉄製品の製造販売からスタートし、全国に事業を展開。創業時より「鋳物」という材料の可能性に着目し、90年以上にわたって研究開発に取り組んできた成果として、現在では目的に応じて様々な材料特性をコントロールする技術や、一体成形で最適な形状を実現する鋳造技術など、最先端の技術イノベーションを生み出しています。1986年東日本への安定した供給体制を確立するために栃木工場(栃木県大田原市)を開設。栃木工場ではマンホールの蓋及びレジンコンクリート製品を製造しています。
2014年06月吉日 JAXA種子島宇宙センターは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が鹿児島県の種子島に設置、運用している、大型ロケットの射場である。種子島宇宙センターは種子島の南、太平洋側にある南種子町の竹崎と吉信崎に囲まれた湾に面した土地に施設が点在しており、三つのロケット発射施設をもつ。地球の自転を利用したロケットの打ち上げは赤道に近いほど有利になるが、種子島は日本最南端とはいえない位置にある。にもかかわらず同島が選ばれたのは、同島より南にある小笠原諸島が当センター設立前年の1968年(昭和43年)に返還されたばかりであり、また、沖縄返還も実現しておらず、計画当時に日本の主権が及ぶ国土の最南端に近い適地が同島であったためである。
2014年06月吉日 航空自衛隊美保基地航空祭:近年は5月中旬〜6月初旬の日曜日に開催されている。一番の見所は美保基地に配備されているC-1型輸送機・YS-11型輸送機・T-400型練習機の大編隊等の展示飛行。近年はブルーインパルスが美保基地展開し曲技飛行を実施している。尚、戦闘機の展示飛行は他の基地からリモートで実施される。美保飛行場(みほひこうじょう Miho Airfield)は、鳥取県境港市(敷地の一部は米子市)にあり、航空自衛隊美保基地(みほきち、JASDF Miho Airbase)、の滑走路を利用する共用飛行場であり、通称として米子空港(よなごくうこう Yonago Airport)、愛称を米子鬼太郎空港としている。
2014年01月吉日 石垣島鍾乳洞は無数の鍾乳石群に彩られた巨大な地底空間 は、まさに宮殿を彷彿されます。 洞窟内には、シャコ貝などの化石も見られかつて海底であったことを語り掛けてくれます。 全長が秋芳洞に並ぶ3200mあり、その中の660mほどが観光洞として公開されています。鍾乳石の数は50万本あり色彩は極めてカラフルである石筍の数は日本一。美しさでは秋芳洞以上かも知れません。以前より公開されている長さが長くなり、より美しくなりました。 とにかく密集度が高く色彩・形とも変化に富み、まるでサンゴ礁を見ているようです。サンゴ礁からなる石灰岩が溶け出して、またサンゴ礁を作ったと思うと不思議な感じがします。入場料  大人1,050円 子供 525円
2014年01月吉日 赤山地下壕は、合計した長さが約1.6kmと、全国的にみても大きな壕で、館山市を代表する戦争遺跡のひとつです。昭和10年代のはじめに、ひそかに建設がはじまったという証言もありますが、今のところ赤山地下壕に関する資料が、ほとんど確認されていないため、つくられた時期は、はっきりしていません。しかし、このような大きな地下壕が,1941(昭和16)年の太平洋戦争開戦の前につくられた例はなく、当時の軍部が本格的に防空壕をつくりはじめたのは、1942(昭和17)年より後であることを、他地域の壕から知ることができます。
2013年12月吉日 JAXA内之浦宇宙空間観測所は、日本の宇宙空間観測施設・ロケット打ち上げ施設である。世界でも珍しい山地に立つロケット発射場である。内之浦宇宙空間観測所は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設の一つで、科学観測用衛星の打ち上げと追跡・管制を行っている。日本国内のロケット打ち上げ施設としては種子島宇宙センターと並ぶ存在である。立地条件が、市街地から離れ、物資輸送が便利で、東側が開け、国内で地表の自転速度が速い地域ということで、種子島とともに選ばれた。前身は文部省宇宙科学研究所(ISAS)付属の鹿児島宇宙空間観測所で、JAXA統合後に現在の名称に改められた。秋田ロケット実験場に続く日本で2番目のロケット打ち上げ施設として1962年に起工され、1963年12月9日に開所された。
2013年11月吉日 沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館で、管理・運営は一般財団法人沖縄美ら島財団。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。水族館内には水量7,500立米の世界最大級の大水槽「黒潮の海」を設置するほか、総展示槽数は77槽。
2013年11月吉日 蕨商工会議所が企画した、蕨駅開業120周年記念イベントで、蕨七不思議 謎解きスタンプラリーの第二部が平成25年(2013年)11月1日〜11月30日まで行われる。そのスタンプラリーで歩鉄の達人邸の協三工業製10tディーゼル機関車がスタンプラリーのポイント(場所)に設定されている。JR蕨駅開設120周年記念グッズや蕨の特産品など豪華プレゼントが合計200名に当たる!!参加方法は下記を参照してください。まずはスタンプ帳を蕨駅、蕨市役所、蕨商工会議所のどこかでゲットしてね。
問い合わせ:蕨商工会議所(048-432-2655)
2012年12月吉日 行川アイランドは、かつて千葉県勝浦市浜行川にあった、動・植物園を中心にしたレジャー施設、およびそれの運営会社(日本冶金の孫会社にあたる)。房総半島で海と山に阻まれた環境のもと、南国系の動物・鳥類や熱帯植物・プール・ホテル・野外ステージが整備された一大リゾート地として開発・運営されていた。2001年8月に閉園した。施設最寄り駅として行川アイランド駅が開設され、閉園後も無人駅として残された。行川アイランドは山を削ったような、巨大な御椀型の窪んだ土地にあった。そのため、駐車場から園内に入るには巨大な洞窟のようなトンネルを通らなければならなかった。この地形は軍事施設であった名残だとされ、園内に多くある用途不明の洞窟は弾薬庫に使われていた。
2012年12月吉日 鵜原弾薬庫跡トロッコ軌道は鵜原の入り江にあった、日本火工(現日本冶金工業)の弾薬庫跡(戦跡)である。1925年消火器を製造する「中央理化工業(株)」として設立し、1928年火工品・火薬品(軍事兵器関連)も取り扱うことから社名を「日本火工(株)」と改める。日本火工(現日本冶金工業)は現在の鵜原で装甲爆破艇(震洋)に積む火薬を製造していた。震洋の爆装については横須賀海軍工廠による実験の結果、300kgの爆薬であれば水上爆発でも喫水線下に約3mの破口を生じ、商船クラスであれば撃沈できるとの結果が出たが、震洋の小型船体では300kgの爆薬の搭載は無理なので250kgに減らされた。ここで製造された火薬は第55震洋隊 神浦性太(少尉) 設立昭和20年5月25日 千葉県勝浦鵜原でも使われた。
2012年08月吉日 奥多摩湖左岸ハイキング
奥多摩湖は正式名称を小河内貯水池と言い、東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波山村、同県同郡小菅村に跨る東京都水道局管理の人造湖(貯水池)である。1957年(昭和32年)多摩川を小河内ダムによって堰き止めて造られた。竣工当時、水道専用貯水池としては世界最大規模の貯水池であった。現在も水道専用貯水池としては日本最大級を誇る。湖畔には様々な見どころ・観光施設があり、首都圏のオアシスとしても親しまれている。奥多摩駅下流から多摩川上流を形成する奥多摩山域と奥秩父山塊の山麓の森林で秩父多摩甲斐国立公園の指定区域にあり、奥多摩湖および日原川の源流部が東京水道水源林として水源の森百選に指定されている。
2012年08月吉日 通潤橋は江戸時代の嘉永7年(1854年)に阿蘇の外輪山の南側熊本県上益城郡山都町(やまとちょう/旧・矢部町)の五老ヶ滝川(緑川上流に位置する一支流)の谷に架けられた石組みによる用水の水路橋である。形式はアーチ橋となっており、橋の上部には3本の石管が通っている。肥後の石工(匠)の技術レベルの高さを証明する歴史的建築構造物であり、国の重要文化財に指定されている。橋の中央上部両側に放水口が設置されており(川の上流側に2つ、下流側に1つ)、灌漑利用が少ない農閑期には観光客用に時間を区切って20分程度の大規模な放水を行っている。この放水の本来の目的は、石管水路の内部にたまった泥や砂を除くためのものである。
2011年11月吉日 高野山(こうやさん)は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。平成16年(2004年)7月7日、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界文化遺産に登録された。
2011年09月吉日 足尾砂防ダムと銅親水公園
渡良瀬川の上流にある、松木川・仁田元(にたもと)川・久蔵(くぞう)川の三つの川の合流点に“足尾ダム”・銅(あかがね)親水公園があります。独特の荒廃裸地化された松木渓谷が眺められる。平成8年(1996)年、ダムの下流に「銅(あかがね)親水公園」が完成しました。公園内には地域のシンボルとして珍しい人道用斜張橋の「銅(あかがね)橋」が架けられ、「足尾環境学習センター」が建設されるなど、足尾の自然と歴史が“体感”できる「いこいの場所」となっています。
2011年07月吉日 富士登山2011年:富士山(ふじさん、英語表記:Mount Fuji)は、静岡県(富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町)と山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)に跨る活火山である。標高3,776mの日本最高峰(剣ヶ峰であるとともに、日本三名山(三霊山)、日本百名山、日本の地質百選に選定されている。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。 1952年(昭和27年)に特別名勝に指定された。富士山の優美な風貌は、日本国内のみならず日本国外でも日本の象徴として広く知られている。芙蓉峰(ふようほう)・富嶽(富岳、ふがく)などとも呼ばれる。古来より霊峰と呼ばれ、富士山を開いたのは富士山修験道の開祖とされる富士上人であると伝えられる(『本朝世紀』)。山頂は最暖月の8月でも平均気温が6℃しかなく、ケッペンの気候区分では最暖月平均気温が0℃以上10℃未満のツンドラ気候に分類される。
2011年03月吉日 近江八幡 近江商人の町並み:近江八幡市(おうみはちまんし)は、滋賀県中部、琵琶湖東岸に位置する市。2010年(平成22年)3月21日、近江商人と水郷で有名な(旧)近江八幡市と安土城で有名な蒲生郡安土町が合併して成立した。近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。いわゆる近江商人の発祥の地である。近世の風情がよく残る「新町通り」・「永原町通り」・「八幡堀周辺」・「日牟禮八幡宮境内地」は「八幡伝統的建造物群保存地区」として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、時代劇の撮影場所としてもよく使われる。
2011年02月吉日 川崎港海底トンネル(かわさきこうかいていトンネル)は、神奈川県川崎市川崎区にある千鳥町と東扇島を結ぶ、川崎市道川崎駅扇島線のトンネルである。全長1,200メートルの水底トンネルである。元々は一般車両の通行を禁止したトンネルであった。しかし、東扇島内に川崎マリエンが完成したことで一般車両も通行可能になった。トンネル内の制限速度は50km/hである。休日には白バイや覆面パトカーによる速度違反の取締りが行われている。水底トンネルであるため、危険物積載車の通行は禁止されている。上下線の自動車用トンネルの間には歩行者用トンネルが設けられている。トンネル内では自転車は降りて通るようアナウンス放送が一定間隔で流れており、走行は禁止されている。なお、歩行者用トンネルは、一般車両用のトンネルと出入口の場所が異なっている。
2011年01月吉日 別子銅山(べっしどうざん)は、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山。1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。一貫して住友家が経営し(閉山時は住友金属鉱山)、関連事業を興すことで発展を続け、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となった。最初の採鉱は海抜1,000メートル以上の険しい山中(旧別子山村)であったが、時代と共にその中心は新居浜市側へ移り、それにつれて山の様相も変化していった。坑道は全長700キロメートル、また最深部は海抜マイナス1,000メートルにもおよび、日本で人間が到達した最深部である。東平(とうなる)地区は、1916年(大正5年)から1930年(昭和5年)まで別子銅山採鉱本部が置かれていた。
2011年01月吉日 浜離宮恩賜庭園は、東京都中央区浜離宮庭園にある都立庭園である。東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、ボタン園などを有する。江戸幕府が開かれて暫くは将軍家の鷹狩の場であったが、1654年(承応3年)に甲府藩主の徳川綱重がこの地を拝領し、埋め立てて別邸を立てた。その後は甲府藩の下屋敷として使用された。綱重の子である徳川家宣が6代将軍になると、将軍家の別邸とされ浜御殿と改称して大幅な改修が行われ、茶園、火薬所、庭園が整備された。幕末、外国人接待所として石造洋館である延遼館(幕府海軍伝習屯所)が建設された。延遼館は、明治維新後も鹿鳴館が完成するまでは迎賓館として使用された。明治維新後に、宮内省の管轄となり名前も浜離宮と改められた。明治天皇も度々訪れるようになる
2011年01月吉日 横須賀港(よこすかこう)は、神奈川県横須賀市に所在し、東京湾に面する港湾。港湾管理者は横須賀市。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。また、周辺地区は都市景観100選に選定されている。現在も海上自衛隊の横須賀基地(自衛艦隊司令部・横須賀地方総監部など)があり、アメリカ海軍第7艦隊が横須賀基地(横須賀海軍施設)を置くなど、軍港としての側面を持つ。なお、両基地の近海は一般船舶の乗り入れが禁止されている。
2010年11月吉日 首都圏外郭放水路(しゅとけんがいかくほうすいろ)は、埼玉県春日部市の国道16号直下・深度50mにある世界最大級の地下放水路である。シールド工法で建設されたシールドトンネルで、延長約6.3km、内径約10m。1992年(平成4年)度に着工し、2006年(平成18年)度に完成した(稼動自体は2002年(平成14年)から部分的に行なわれている)。台風・大雨などによる中川・倉松川・大落古利根川等周辺河川の増水時、洪水を防ぐため流量容量を超えた水を貯留し、江戸川に排水する。そのため、地下河川であると同時に巨大な洪水調節池としての機能がある。この放水路の開通により、洪水常襲地帯であった倉松川流域などで洪水が減少している。地下トンネルから流れ込む水の勢いを調整するための調圧水槽は、長さ177m・幅78mの広さがあり、59本の巨大なコンクリート柱が林立している。
2010年04月吉日 雲巌禅寺(うんがんぜんじ)は熊本市西部に位置する金峰山の西麓に古くは南北朝時代に日本に渡来した元・曹洞宗の僧「東陵永與(とうりょうえいよ)」が開基したと伝えられる。その雲巌禅寺の境内にある洞窟を霊巌洞(れいがんどう)と言い、宮本武蔵がこの洞窟にこもって兵法の極意書である「五輪書」を著した場所として広く知られている。 雲巌禅寺境内は昭和50年5月、熊本県指定史跡及び名勝として指定されている。宮本武蔵のゆかりの地として以外にも、洞内に安置される観音像は「岩戸観音」の名で、また、謡曲「桧垣(ひがき)」によって広く知られているそうである。雲巌禅寺へは、岩戸の里公園として整備された駐車場から少し歩くことになる(2〜3分程度)。その奥にある五百羅漢と霊巌洞のある境内からは有料となっている。
2009年12月吉日 八ッ場ダム(やんばダム)は利根川の主要な支流である吾妻川中流部、群馬県吾妻郡長野原町川原湯地先に建設が進められている多目的ダムである。2015年(平成27年)度の完成予定で、完成すれば神奈川県を除く関東1都5県の水がめとしては9番目のダムとなる。形式は重力式コンクリートダムで高さは131.0m。国土交通省関東地方整備局が事業主体である。吾妻川流域の多目的ダム建設計画は、1949年(昭和24年)に経済安定本部の諮問機関である治水調査会の答申に基づき建設省によって手掛けられた「利根川改訂改修計画」において利根川に10箇所のダムを建設する利根川上流ダム群(後の「利根川水系8ダム」)計画に準拠しており、カスリーン台風級の水害から首都・東京及び利根川流域を守る為に1952年(昭和27年)に計画発表された。
2009年10月吉日  旧国鉄佐賀線跡にデザインプロムナード。地元クラフトマンの手がけたモニュメントたちが、人々を温かく迎えてくれる。この通りを歩けば、自然と心が和み、話もはずみます。
2009年10月吉日  旧国鉄佐賀線跡の徐福サイクルロード に添って全国からの子供たちのふるさとの絵を陶板にした「ふるさとちびっこギャラリー」がある。
2009年05月吉日 首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあった城。
 琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城(グスク)であった。戦前は正殿などが国宝であったが、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている。1980年代前半の琉球大学の西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。1999年(平成11年)には都市景観100選を受賞。その後2000年(平成12年)12月、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として世界遺産に登録されたが、登録は「首里城跡(しゅりじょうあと)」であり、復元された建物や城壁は世界遺産ではない。
2009年05月吉日 海軍司令部壕(かいぐんしれいぶごう)は、沖縄戦において大日本帝国海軍の司令部として使用された防空壕である。戦後は旧海軍司令部壕としてその一部が一般に公開され、周辺は海軍壕公園として整備されている。沖縄県豊見城市と那覇市にまたがる。
 1944年(昭和19年)、太平洋戦争において日本軍の敗色が濃厚となり戦線が南西諸島付近まで後退したため最前線となった沖縄の軍備が強化されることになった。沖縄における重要な軍事拠点の一つであった小禄飛行場(後の那覇空港)を守るための防空壕を建設することになり、飛行場を南東から見おろす標高74メートルの火番森あるいは七四高地と呼ばれる丘が選定された。
2009年04月吉日  旭川市旭山動物園(あさひかわしあさひやまどうぶつえん)は、北海道旭川市にある日本最北の動物園。動物の自然な生態が見られる行動展示(後述)を実施して、一躍有名になった。近年では北海道を代表する観光地として定着し、日本国内だけではなく海外からも数多くの観光客が訪れている。
 寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、旭山動物園が国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物にホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがある。
2009年03月吉日 境港市 水木しげるロード
 境港市は、漫画家・水木しげる氏のふるさと。そしてここは、すっかり境港の顔になった「水木しげるロード」。水木しげる氏の漫画に登場する妖怪たちがブロンズ像になって境港の町に出現!! 2008年3月には境港市大正町「妖怪広場」に癒しスポット『河童の泉』が出現。その『河童の泉』に誘われるように新しい妖怪達も集まり、境港駅前から本町アーケードの約800m(徒歩約15分)の間で133体の妖怪達が出迎えてくれます。
2009年01月吉日 大鳴門橋・小鳴門橋・瀬戸大橋
 大鳴門橋(おおなるときょう)は、兵庫県南あわじ市福良丙 (淡路島門崎)と徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦(大毛島孫崎)間の鳴門海峡両端を結ぶ吊り橋である。1985年6月8日に開通。
 瀬戸大橋(せとおおはし)は、瀬戸内海を跨いで本州(岡山県倉敷市)と四国(香川県坂出市)を結ぶ本州四国連絡橋のひとつ。
 小鳴門橋(こなるとばし、Konarutobashi BRDG.)は、小鳴門海峡に架かる全長441.4m・最大径間160m・幅員7m(2車線)・高さ23.5mの吊り橋である。主塔が3組の4径間吊り橋という珍しい形式である。中央の主塔は海峡中の鍋島に設けられ、横から見るとAの字形をしている。
2008年11月吉日 四国カルスト県立自然公園
 四国カルスト(しこくカルスト)は、愛媛県と高知県との県境にある標高が約1,400m、東西に約25kmに広がるカルスト台地である。
四国カルストを五段城より撮影
四国カルスト日本三大カルスト(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)のひとつで、その中でも最も高い標高からは石鎚山などの周辺の山々が一望できる。
2008年11月吉日 華厳の滝・中禅寺湖
 華厳の滝(けごんのたき)は、栃木県日光市にある滝。発見者は勝道上人と伝えられ、仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれるが、日光では他に阿含滝、方等滝、般若滝、涅槃滝もあることから、五時の教判から、それらと同様に命名されたものと考えられている。
 中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市の日光国立公園内にある湖。日本の湖沼では25番目の面積規模を有する。
2008年10月吉日 諫早湾干拓堤防
 諫早湾干拓堤防道路ふるさと農道(いさはやわんかんたくていぼうどうろ ふるさとのうどう)は、長崎県諫早市高来町と雲仙市吾妻町とを結ぶ広域農道。2007年12月22日午後5時に開通した。
 諫早湾干拓事業で構築した潮受堤防上に道路を建設したもので、佐賀県鹿島市・太良町方面と国道207号を通り島原半島の雲仙温泉・島原市方面との間を諫早市中心部を通らずに行き来することができる。
2008年09月吉日 吉見の百穴
 吉見百穴は古墳時代の末期(6世紀末〜7世紀末)に造られた横穴墓で、大正12年に国の史跡に指定された。横穴墓は丘陵や台地の斜面を掘削して墓としたものであるが、死者が埋葬された主体部の構造は古墳時代後期の横穴式石室とほとんど同じである。百穴が分布する一帯は凝灰質砂岩と呼ばれる比較的掘削に適した岩盤が広がっており、当時の人々は掘削するのに適した場所を探して横穴墓を造ったと考えられる。吉見百穴は明治20年に発掘調査が実施されているが、わずかな写真と出土品を残すのみで詳細な情報はほとんど残っていない。現在確認できる横穴の数は219基である。
2008年09月吉日 東京都観光汽船 水上バス
2008年08月吉日 タイダンスは、指先の芸術と言われています。指先を美しく見せるために手を反らしたり、爪をつけたり、とても繊細に美しく踊ります。 また、タイ舞踊は、腰を落とし床をすって歩き、ゆっくりと体をくねらせながら、曲線美を見せるのが特色です。男女の愛情表現のシーンはもちろん、戦闘シーンであっても、タイ舞踊独自の美しさを追求しながら、柔らかくしなやかに、あくまでも優雅に表現していきます。  タイ舞踊の衣装は、東南アジアの中で随一の美しさを誇ると言われています。特に、古典舞踊の衣装は、金糸・銀糸で刺繍し、宝石をちりばめたように絢爛豪華で、頭には仏塔をイメージさせる金の冠をかぶります。民族舞踊の場合においても、各地方の特色ある鮮やかな色合いの衣装を身につけます。
2008年08月吉日 河津七滝探索
 河津七滝(かわづななだる)は、静岡県賀茂郡河津町を流れる河津川に存在する7つの滝の総称。約1.5kmの間に相次いで7つの滝がある形になっており、河津町の観光スポットのひとつとなっている。
河津七滝沿いの民宿などでは、以下のそれぞれの滝の名称をそのまま部屋名として利用しているところも少なくない。
2008年08月吉日 旧天城山隧道探索
 川端康成の小説『伊豆の踊り子』や、松本清張の小説『天城越え』で有名なこのトンネルは、1904年(明治37)に完成した。全長445.5メートル。アーチや側面などすべて切り石で建造され、石造道路トンネルとしては、日本に現存する最長のものである。天城トンネルは1998年、国の登録有形文化財に登録され、2001年には道路トンネルとしては初めて国の重要文化財に指定された。この時期に観光スポットとしての整備として従来舗装されていたアプローチ部分の舗装が剥がされた。
2008年06月吉日 太宰府天満宮は、福岡県太宰府市にある神社。旧社格は官幣社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は梅紋である。菅原道真(菅原道真公、菅公)を祭神として祀る天満宮の一つ(天神様のお膝元)。初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上の参詣者がある。現在、京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されている。本殿は五間社流造で屋根檜皮葺。正面に1間の唐破風造の向拝(こうはい)を設ける。また、左右側面には各1間でこれも唐破風造の車寄を付け、廻廊が前方の楼門まで廻らされている。
2008年05月吉日 別府地獄めぐりは、大分県別府市に多数存在する様々な奇観を呈する自然湧出の源泉「地獄」を観光名所化し、定期観光バスなどで周遊する別府温泉の観光の定番コースである。また、これらの地獄の総称としても使われる。海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は、2009年(平成21年)7月23日に、別府の地獄として国の名勝に指定されている。別府温泉には、含有物によって青、赤、白などの様々な泉色を呈する温泉や、間欠泉などの特色のある源泉が点在する。また、温泉の熱を利用して飼育・育成した動植物を展示する施設を併設したものもある。このような、入浴ではなく、観覧を主な目的とした温泉は地獄と呼ばれ、別府観光の目玉のひとつとなっている。
2008年03月吉日 水戸偕楽園は、日本・茨城県水戸市にある日本庭園である。岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並んで、「日本三名園」の一つに数えられる。茨城県営の都市公園(広域公園)として、管理・運営されている。広さは、公園全体で約58ha、うち本園が約13ヘクタールある。100種3000本のウメ(梅)が植えられている。園内にはウメの異名「好文木」に由来する「好文亭」がある。毎年2月下旬から3月下旬には、「水戸の梅まつり」が開催される(2012年時点で116回開催)。開催期間中には多数の観光客で賑わい、キャンドルライトを使って梅をライトアップする「夜梅祭」や茶会など様々な催し物が行われる。
2007年11月吉日 江ノ電 極楽寺駅極楽寺(ごくらくじ)は、神奈川県鎌倉市極楽寺にある真言律宗の寺院である。山号は霊鷲山(りょうじゅさん)。詳名を「霊鷲山感応院極楽律寺」と称する。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は北条重時、開山は忍性である。鎌倉市の西部、鎌倉七口の1つである極楽寺坂切通しの近くにある、鎌倉では珍しい真言律宗の寺院である。僧忍性が実質的な開祖である。中世には子院49箇院を有する大寺院であった。また周辺の町名でもある。
2007年09月吉日 奥多摩・三岳奥多摩(おくたま)とは、登山・ハイキングにおいて東京都西部を中心とし、埼玉県南西部、山梨県東部、神奈川県北西部に位置する、秩父多摩甲斐国立公園の東端を形成する山岳地帯・地域を指す言葉である。東京都西多摩郡奥多摩町を中心とするが、その周辺部の山域を含め「奥多摩」と称する。秩父山地・関東山地に属し、広義の奥秩父に入る。
2007年08月吉日 見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)は、見沼代用水(東縁、西縁)と芝川とを結ぶ閘門式運河である。1731年(享保16年)に作られた。江戸時代後期から明治時代の内陸水運(見沼通船)で重要な役割を果たした。堀全体で4つの関(閘門)を持ち、閘門式運河では日本最古の部類に入る。昭和初期以降から使用されておらず、現在はさいたま市 緑区にその復元された遺構が残る。1982年(昭和57年)、国の史跡に指定された。
2007年08月吉日 奥多摩むかしみち奥多摩(おくたま)とは、登山・ハイキングにおいて東京都西部を中心とし、埼玉県南西部、山梨県東部、神奈川県北西部に位置する、秩父多摩甲斐国立公園の東端を形成する山岳地帯・地域を指す言葉である。東京都西多摩郡奥多摩町を中心とするが、その周辺部の山域を含め「奥多摩」と称する。秩父山地・関東山地に属し、広義の奥秩父に入る。JR奥多摩駅から奥多摩湖まで、旧青梅街道を歩く「むかし道」の散策コースです。峠や橋のたもとには、江戸時代の信仰を伝える道祖神や馬頭観音などが往時のままに残り、街道沿いには、羽黒三田神社、白髭神社等見所も多くあります。昔の面影を偲びながらのんびり歩けるコースです。
工事中 1 2 3
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』