更新日時 2012年02月14日

ドイツの列車シリーズ
 ドイツ鉄道AG(ドイツてつどうアーゲー、ドイツ語: Deutsche Bahn AG, 略称: DB)はドイツの首都ベルリンに本社を置くドイツで最大の鉄道会社。ドイツ全土に鉄道網を持ち、ドイツでは最も重要な交通手段のひとつ。ヨーロッパ有数の技術・輸送力を持つ鉄道会社であり、世界的にも影響力のある鉄道企業のひとつである。ドイツ鉄道は旧西ドイツ国鉄(DB, Deutsche Bundesbahn:ドイツ連邦鉄道)と旧東ドイツ国鉄(DR, Deutsche Reichsbahn:ドイツ国有鉄道)が1994年はじめに統合、民営化された際に誕生したDBグループの中核会社である。またDBグループの意味でも用いる。ただし、民営化後も依然として国家の所有となっており、実際には株式会社化されたのみである。株式の売却による実質的な民営化は今後の課題となっている。なお旅客輸送には「Die Bahn」(The railというような意味)という愛称を用いていたが、2007年末より「Bahn」に変更されている。2008年1月より、実際に鉄道の運行を行なう代表的なグループ会社は、以下の3社に再編されている。DB Bahn DBバーン:旅客列車の運行を担当、長距離輸送・地域輸送・カートレインを含む。DB Schenker DBシェンカー:貨物列車の運行を担当。国内の貨物輸送だけでなく国際物流にも進出しており、日本の西濃運輸などとも提携している。DB Netze DBネッツェ:軌道の保守管理、駅の運営管理を担当。日本の約9割の面積を持つ国土に、約36,000kmの路線網を持ち、鉄道密度が世界でも高い国の一つであるが、他の交通機関との競争により、赤字ローカル線の廃線が相次いでいる。第二次世界大戦前は約60,000kmあったが、敗戦による領土喪失や、戦後の東西分割による路線分断、さらに不採算路線の廃線により、現在のような姿になった。
デュッセルドルフ市内の路面電車。
デュッセルドルフ市内の路面電車。
デュッセルドルフ市内の路面電車の軌道。
デュッセルドルフ市内の路面電車。
ドイツの路面電車の廃線跡です。
ドイツの路面電車の廃線跡です。
デュッセルドルフ中央駅の時刻表と路線図です。
 デュッセルドルフのホテルから事務所まで列車で移動です。デュッセルドルフ中央駅で乗車券の購入です。自動券売機はタッチパネル式であり、どんな駅にも少なくとも1台は置いてある。ただし、タッチパネル方式の長距離路線用のものと、押ボタン方式の近距離路線用の2種類があり、同じ交通連合内のゾーンに含まれる近距離の場合は、ドイツ鉄道のローカル線を利用する場合でも、近距離用の券売機でしか購入できない。また、前者ではクレジットカードでも決済できるが、後者では現金のみである。さらに、地方の無人駅などでは近距離用の販売機しか置いていないことがあるため、長距離、特にBahnCardを利用した割引切符の購入や、路線検索などができない。
文字の入力があります。これは初めての人にはハードルが高いですね。
近くのドイツ人に聞いて、ようやく切符が買えました。
乗車券です。 この機械に通すのかと思ったが違うようです。
 デュッセルドルフ中央駅(de:Dusseldorf Hauptbahnhof,Dusseldorf hbf)はドイツノルトライン=ヴェストファーレン州の州都デュッセルドルフにあるドイツ鉄道の主要鉄道駅である。デュッセルドルフ中央駅は毎日25万人の旅客に利用されており、ドイツ国内では4番目に繁忙な駅となっている。ICEをはじめ、ユーロシティ、CNLやユーロナイトなどの近隣諸国やドイツ国内を結ぶ都市間夜行列車、レギオナルエクスプレスやレギオナルバーン、Sバーンなどのローカル、近郊列車など様々な列車が乗り入れている。ライン・ルール地区のSバーン網と地域交通網はライン・ルール運輸連合に統合されている。駅前に乗り入れる路面電車や地下に乗り入れているシュタットバーンはラインバーンにより運行されている。
 デュッセルドルフ中央駅舎は1920年代から1930年代に建築されたものを改築したものであり、その面影は今も残る。1932年から1936年にかけてヴッパータールにあるReichsbahn(鉄道管理局)の理事会の設計指示により改築され、この時に特徴的な時計塔が設置された。当時、この時計塔は蒸気機関車の給水塔の役目も果たしていたが、後にその機能は撤去された。初代の駅舎は19世紀にさかのぼるが、1920年代初めに上記の新しい駅舎を建設する気運が高まり、取り壊された。 1930年代から1940年代にかけてデュッセルドルフ中央駅は重要な役割を果たすようになっていった。1985年までに大規模な改修工事が行われ、プラットホームに現在も使われている屋根が取り付けられ、中央通路内にレストランや旅行センターなどが設けられた。シュタットバーン(ライトレール)が駅直下に乗り入れている。エレベーターの設置や古い切符売り場やフードコートの改造が行われ、Oberbilk地区方面の西口には製鋼所跡に新しいオフィスビルが建設されている。以前の1等待合所はホテルやディスコテックなどに改装されている。2005年に若干の改装が行われ、1985年からあったトイレのスペースはファーストフードレストランのために取り壊され、小規模な1等用ラウンジ(DBラウンジ)が北側の旅客用通路トンネルに設置されている。また、現在の防火基準に合わないため、旅客通路トンネルに設置されている情報案内装置は取り替えられる予定になっている。
ドイツ鉄道の列車です。
ドイツ鉄道の列車です。
ドイツ鉄道の電気機関車と客車です。
ドイツ鉄道の列車です。
ドイツ鉄道は自転車の持ち込みが可能なサイクルトレインの様です。列車にも自転車のマークが付いています。
この列車に乗り移動です。最初は仕切の向こう側に座りましたが、この席は指定席でしょうか?
列車内から撮影です。ガラス越しなので画像が良くありません。
これは旧線の橋台の様です。ドイツには廃線が多くありそうですね。
ドイツの貨物列車です。ドイツは貨物列車も多く見かけますね。
ドイツはあちらこちらに落書きがありますので、最初は落書きかと思いましたが違うようです(笑)
ドイツのディーゼル機関車の様です。
 Moenchengladbach メンヒェングラートバッハ中央駅 ( ドイツ語 : メンヒェングラートバッハ中央駅 ) は、 鉄道駅の街のメンヒェングラートバッハドイツ西部。(Monchengladbach Central Station (German: Monchengladbach Hauptbahnhof) is a railway station in the city of Monchengladbach in western Germany.)
 時間が無いのでそのまま原文を載せます(笑)The station is the largest railway station in the city and, along with Rheydt Hbf, one of the two Hauptbahnhof stations in Monchengladbach. Monchengladbach is the only city with two stations designated as a Hauptbahnhof on its soil, due to the merger between the cities of Monchengladbach and Rheydt in the 1970s, and the subsequent reluctancy of the Deutsche Bundesbahn to rename Rheydt Hauptbahnhof. Monchengladbach Hbf also is the largest (in terms of passengers) station in Germany to lack long-distance trains.
戻る  Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』