クアラルンプール国際空港内軌道

更新日時 2012年04月17日

 クアラルンプール国際空港内軌道(新交通システム)は本館とサテライトを結ぶ空港内軌道(新交通システム)です。クアラ・ルンプール国際空港(略称:KLIA, マレー語:Lapangan Terbang Antarabangsa Kuala Lumpur, 英語:Kuala Lumpur International Airport)は、マレーシアのスランゴール州セパン (Sepang) にある国際空港で、マレーシアの空の玄関口である。1998年6月30日に開港。「森の中の空港、空港の中の森」をコンセプトに、黒川紀章がターミナルビルを含む全体計画を設計し、メインターミナルを大成建設、サテライトを竹中工務店が施工した。
クアラルンプール国際空港内軌道(新交通システム)動画リンク
クアラルンプール国際空港サテライト。 クアラルンプール国際空港内軌道乗り場。
 クアラルンプール国際空港内軌道(新交通システム)
   
 クアラルンプール国際空港内軌道(新交通システム)
   
クアラルンプール国際空港内軌道2ライン有り、自動運転で交互に動いています。
戻る  Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』