更新日時 2012年04月25日

 会津田島駅にて廃車になったキハ8500系車両(8502・8503)をお寺の関係の方が買われ、JR貨物北陸ロジスティクスが車両の搬送を担当し吊り込み搬出を偶然に通りかかり撮影しました。
会津鉄道車両吊り込み動画リンク
 @会津田島駅(あいづたじまえき)は、福島県南会津郡南会津町田島字西番場甲にある会津鉄道会津線の駅である。当駅を境に会津高原尾瀬口駅方面は電化区間、西若松駅方面は非電化区間である。
 @会津田島駅構造は島式ホーム2面4線を有する地上駅で直営駅。駅舎には「会津田島ふれあいステーションプラザ」を併設する。駅名標には「祭化粧に祇園の灯」と付記される。1番線は頭端式ホーム状になっており、車止めの先で駅舎と1・2番線ホームは直結している。3・4番線ホームとは、会津若松方の構内踏切と会津高原尾瀬口方の跨線橋により連絡している。架線が張られているのは1・2番線のみである。1番線の会津高原尾瀬口側には、屋根付きピットがあり、西側(駅舎の反対側)には同社の車両基地が隣接している。かつては蒸気機関車(SL)牽引貨物列車の終点駅として、駅構内に転車台、給水塔等の設備を有していたが、現在は跡地が車両基地となっている。
@浅草から直通の東武鉄道の6254車両。 @会津鉄道のAT-701車両。
 AC11-254号蒸気機関車:この蒸気機関車は、昭和9年国鉄会津線が開通して以来、昭和49年まで会津地方の鉄路をひた走り、地域発展のため活躍した蒸気機関車です。時代の進展と共に、その役割を終了致しました。平成2年には、浅草〜会津田島間が直通電車により運転されるようになり、これを記念し展示するものです。
B車両の吊り込みは私が協三工業製10t動車を買った、JR貨物北陸ロジスティクスが担当しています。
 B会津鉄道8503車両:キハ8500系特急『北アルプス』の廃止により余剰となったキハ8500系を会津鉄道が名古屋鉄道(名鉄)から購入、2002年3月23日に営業運転を開始した。先頭車のみ4両(車番8501 - 8504)在籍。中間車の1両(8555)は、2007年3月31日付けで廃車。車両形式名は名鉄時代を踏襲したためATは付かない。「AIZUマウントエクスプレス」の車両愛称が与えられ、前述の(列車名としての)快速「AIZUマウントエクスプレス」を中心に運用され、AT-700・750への置き換えにより2010年5月30日で運用を終了した。
B会津鉄道8502車両の吊り上げ。
B手前の写真撮影をしている方が、今回の車両を買われた方です。
B車両はお寺の境内に設置されるようです。
戻る  Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
会津鉄道車両吊り込み搬出