更新日時 2014年07月02日

 岩村醸造株式会社は、岐阜県恵那市岩村町342番地に本社を置く日本酒メーカーである。1787年(天明7年)創業と伝えられ、1921年(大正10年)に法人化した。戦前は日本酒のほか味噌・醤油・みりん・焼酎など醸造業を手広く展開したが、戦後はほぼ日本酒専業となっている。全国新酒鑑評会などの品評会で多くの賞を受賞しており、全国新酒鑑評会では2009年・2010年と2年連続で金賞を受賞している。女城主 (戦国時代末期岩村城に織田信長の叔母が女城主として存在したのが酒名の由来となっている。)
 @岩村駅(いわむらえき)は、岐阜県恵那市岩村町にある明知鉄道明知線の駅である。同町には恵那南高等学校岩村校舎があるため、朝夕は通学客で賑わう。2004年3月29日まで、腕木式信号機が稼働していたが、2006年4月11日に構内にて腕木式信号機を「産業遺産」として復活させ、駅員の指導の下で見学者が実際に動かせるモニュメントとした。
 @岩村駅構造は上り線と下り線が斜交いに向き合う2面2線の相対式(千鳥式)ホームを持つ地上駅。明知線内唯一の列車交換(行違い)可能駅となっている。有人駅である。駅舎内には「御用承り処」と称する観光案内所がある。
A伝鴨長明塚。 A岩村のマンホール。女城主の里。
B丸山屋に現役のトロッコ軌道ある。
Bプロパンガスの運搬に使われている様だ。
Cこれは何ですかね? D巖邑天満宮。
E石碑。道程? Fカネニ食品店:明知鉄道に弁当を卸しています。
G祥雲寺。 G岩村町の町並み。
H岐阜信用金庫。町並みの景観に配慮。 H勝川家。江戸時代の商家。
I岩村郵便局。町並みの景観に配慮しています。明治20年頃のポストのレプリカ。
J岩村酒造(女城主)の酒蔵。燕が止まっています。
J岩村酒造の店内の雰囲気です。店内で試飲も出来ます。年商2億円以上だそうです。
J店内の試飲台はトロッコに乗っています。車輪もちゃんと付いています。
Jお酒の荷役用のトロッコ軌道です。
J昔はトロッコのレール部分は枕木に土間だったそうです。
J酒蔵では天然水が湧き出ています。 J昔は木の橋が架かっていました。
J奥の製造場所までトロッコ軌道が続いています。
J勾配のあるカーブも有ります。
Jトロッコ軌道はここで終了です。
J酒米を蒸す釜だそうです。
J酒米を供給する機械。 J酒米の精米の説明です。
Jタンクの周りに巻いて、冷水を通し温度管理を行うそうです。
J麹室は現在燻蒸中のため見られません。 J温度管理の出来る冷蔵タンク。
J温度管理の出来る冷蔵タンク。 Jお酒を搾る圧搾装置だそうです。
戻る  Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩村酒造 女城主 トロッコ軌道