廃道探索 奥多摩日原旧道大崩壊

更新日時 2009年02月19日

新宿駅:ホリデー快速奥多摩号 奥多摩駅看板
奥多摩駅看板 奥多摩駅駅前
 東日原行きのバスは運転手と車掌が乗っている。非効率だが、見通しのきかない場所のチェックや落石をどかす為に乗車しているようだ。実際に帰りのバスで落石があり、車掌がどかしていた。
奥多摩工業の石灰岩採石場 一原バス停で下車
ワイヤーの山が・・・トロッコのワイヤーか? あそこに見える大崩壊場所を目指す・・・
@右斜めが旧道跡。旧の橋は撤去されている @脇に旧旧旧道へ降りる階段が・・・
@鉱山の設備か? @急な階段を降りた場所に踊り場の様な場所が・・・
@道路の境界杭が・・・ @登竜橋の下にスズメバチの巣がある
@先ほどの急な階段を下から見る @更に階段を下る
@左のコンクリート部分が旧橋の橋台 @トロッコの残骸が・・・
@スタンドバイミーの様に・・・ @トロッコの廃線跡
A対岸の旧橋の橋台 Aメンテ用の階段が・・・壊れている・・・
A奥多摩工業の横穴を覗く息子 A横穴は電気がついていて使われている様だ
A旧旧旧道のルートを探索 B旧旧旧道は道とは言えないような・・・
Bアンデス山脈の道を探索している様だ・・・ B第5軌道を大崩壊手前まで探索
A一旦、登竜橋迄戻り、今度は旧道を探索 A日原トンネル脇の旧道
C旧道のカーブの看板が残っている。
D旧日原トンネルの入口は鉄格子で完全に塞がれている。
D中は崩壊していない様だ D旧日原トンネル脇の旧旧道を行く
E旧旧道を行く E川までの高さはかなりある
E旧旧道を行く E左の岩は今にも崩れそうだ・・・
E旧旧道を行く E大崩壊手前まで到着
F大崩壊の上部の岩場 F滑落したら命はなさそうである
F息子は余裕のVサイン F約45度も有りそうな傾斜角
F息子は余裕で渡った行く F私は体重が重たいため慎重に・・・
F滑落したら間違いなく死亡する G漸く、大崩壊を渡り終えて余裕のVサイン
G更に先を探索 Hコンクリートの構造物発見
H旧日原トンネルの反対側の入口発見、金網が張られているが、落石で破れている・・・
H川口探検隊は未開のトンネルを探索する(笑) Hトンネル内は落ち葉で一杯だ・・・
日原トンネル内部の一部はコンクリートの吹き付けのみだ、内部は崩壊していない
看板が・・・ 先ほどの入口まで来たが出られないので戻ろう
Iトンネルの出口まで戻りその先を探索 I旧日原トンネルの奥多摩側
J看板とカーブミラーが虚しい・・・ J旧道は車が通れる状態ではない
Kこの辺は比較的落石が少ない方ではあるが Kカーブミラーが・・・
Lもう道とは言えない状態だ・・・
M・・・ Nこの辺もかなりの急斜面だ
Nまたもや慎重に渡った行く Oロープを伝わり渡った
Pここで落ちたら命がないぞ・・・ P川の流れが・・・
Qこの辺で撤収・・・ Qハハハ・・・今日はここまでとしよう
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』