開拓分水工:開拓分水工は岩手県紫波町に設置されている円筒分水工で受益面積3,890haの岩手有数の農地地帯である本地区は、耕地面積に対し流域面積が極端に小さく、また降水量も少ないことから用水不足は深刻な問題となっていました。このため、葛丸ダムを新しく造り、前の山王海ダムを高くして、水をいっぱいためるようにしました。二つのダムを2本の水路トンネルで結び、葛丸ダムにためられる水が少ないことから、葛丸上流頭首工から山王海ダムへ送って貯めておき必要なときに再び葛丸ダムに送水します。全国でも珍しい親子ダム形式です。下流部には頭首工、幹線用水路を新しく造り2つのダムの水を有効に利用して安定した農業が出来る仕組みになっています。
@開拓分水工。YouTube動画リンク
@開拓分水工。
@開拓分水工。
@開拓分水工。
@開拓分水工。
@開拓分水工の説明図。
@開拓分水工。
@開拓分水工。
@開拓分水工。
戻る  Copyright (C) 2006-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『紫波町』を掲載」

更新日時 2022年02月08日

開拓分水工