滝の頭円筒分水工:男鹿半島を代表する名水で、寒風山麓の総湧出量の7割、1日あたり約25,000立米という膨大な湧水量があります。雪解け水や雨水が、火山である寒風山の地下にしみ込み、火山の内部を流れる間にゴミなどの汚れが取り除かれミネラルを含みます。約20年かけて自然に濾過されて地上に湧き出ていると考えられています。この湧水は男鹿半島の農業用水や飲料水として使用されており、まさに火山の恵みです。さらに公平に水を分配するための38穴がある円筒分水工も見所です。
@滝の頭円筒分水工。YouTube動画リンク
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。
@滝の頭円筒分水工。38の穴から分水している。
@滝の頭円筒分水工の下流側。
A上部の池。この池からは給水していないようだ。
A上部の池の越流設備。
Bせせらぎの噴水。
C上堰水路。
D上堰水路分水施設。
戻る  Copyright (C) 2006-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『男鹿市』を掲載」

更新日時 2022年02月24日

滝の頭円筒分水工