更新日時 2022年02月03日

宇津野洞窟
 宇津野洞窟の標高は約165mであり、宇津野洞窟の原形は、新生代第三紀以降洪積世を通じて発達した物で、地下水の働きにより石灰岩が溶かされ現在の姿になったと思われる。部分的には今も鍾乳石、石筍の発達が良好である。葛生町一帯には約2億5000万年前に形成されたと思われる、石灰岩ドロマイト(苦灰岩)を主とした地層が延長30km、直径8km南西に開いた馬蹄形をなして分布している。宇津野洞窟は安蘇層群、鍋山層、唐沢石灰岩中に発達するN-S、E-W方向の節理(石目)や断層面に沿って形成された石灰洞である。また、宇津野洞窟は佐野坂東32番の札所で勝道上人が開基されたと伝えられ信仰を集めていた。
@宇津野洞窟入口。時間外は閉鎖されているようだ。
@宇津野洞窟平面図。
@宇津野洞窟入口。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の賽の河原。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の護摩焚き場。巡礼の霊場で古くから地元の信仰の中心であった。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。電気が付いているので雑草が生えている。
@宇津野洞窟の鍾乳洞。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『佐野市』を掲載」