更新日時 2022年02月22日

南牧村 大倉鍾乳洞
 大倉鍾乳洞:群馬県南牧村に狭洞突破後に竪穴、大天井空間がある鍾乳洞。全長は1,000m以上有ると言われている。内部は乾燥しているので誇りがすごくマスクをした方がベター。鍾乳洞又は石灰洞は、石灰岩が地表水、地下水などによって侵食(溶食)されてできた洞窟であり、ふつう石灰岩地帯に存在する。「鍾乳洞」が洞窟内に生じた鍾乳石などの洞窟生成物(二次生成物)に視点をおいた用語であるのに対し、「石灰洞」は洞窟を胚胎する地質的な母岩の種類に視点をおいた用語。
今回のSRT以外の装備類です。
@鍾乳洞入口です。入口は意外と解りにくい場所にあります。
@一つ目の狭洞です。
@一つ目の狭洞です。狭洞の最後は頭から滑り台の様に滑り落ちます。
@一つ目の狭洞です。か〜み〜さんです。
@最大の難所の狭洞です。前回断念した場所です。
@最大の狭洞を抜けた場所の若干広い場所です。
@ここから竪坑を7m程下降します。
@竪坑の最後2m程はオーバーハングの場所を降ります。
@降りるのは比較的簡単だがこのオーバーハングを登るのは大変です。
@下層の鍾乳洞に向かいます。
@大天井空間の鍾乳洞です。
@大天井空間の鍾乳洞です。
@蝙蝠の糞の上にケサランパサランの様なつんつんしたカビが生えていました。
@つんつんしたカビのYouTube動画リンク
@比較的大きな空間の鍾乳洞部分です。
@小さな横穴もあります。大天井空間に繋がっています。
@竪坑ですが、小さすぎて入れません。大天井空間の下にも空間がありそうです。
@大天井空間。内部はほこりだらけなのでマスクをした方がベター。
@大天井空間。
@大天井空間。
@大天井空間。50cm程の高さの空間でしょうか?
@このような空間は匍匐前進は疲れますので芋虫ゴロゴロ移動が楽です。
@SRT設備を置いてその先の空間に行きます。
@荷物を置いてその先の空間に行きます。
@大天井空間の天井の模様です。
@大天井空間の天井の模様です。
自宅に帰ったらSRT装備関係を洗って次回に備えます。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『南牧村』を掲載」