更新日時 2022年02月27日

下郷鍾乳洞
 下郷鍾乳洞:下郷鍾乳洞は下仁田町下郷にある鍾乳洞で、第一鍾乳洞、第二鍾乳洞、第三鍾乳洞がある。第一鍾乳洞、第二鍾乳洞は沢を登っていくと看板が設置されている。第三鍾乳洞は谷間に流れ込む水脈によって鍾乳洞が形成されている。その水脈(洞内河川)を辿りながら探索を行う。鍾乳洞を胚胎する石灰岩の地層はサンゴ礁などが発達する暖かい海で、石灰質の殻や骨格をもった生物の遺骸などが海底に厚く堆積することによってできたものである。一般の岩石と異なり、主成分が炭酸カルシウムからなる石灰岩は、酸性の溶液に溶解する化学的性質をもつ。石灰岩が地殻変動によって地上に隆起すると、二酸化炭素を含む弱酸性の雨水や地下水による侵食が始まる。このような侵食によって石灰岩体の内部に多くの空洞が生じる。石灰岩中の微細な割れ目等を満たした炭酸カルシウムが多量に溶解している地下水が洞窟内に滲出すると、二酸化炭素を含む水と炭酸カルシウムとの化学反応が可逆的であることから、逆に炭酸カルシウムが方解石として晶出を始め、沈積して鍾乳石等の洞窟生成物が発達する。こうして洞窟内が装飾されるようになった洞窟を鍾乳洞という。
@ここから先は通行止めだ。
@四ツ又山のコース看板に鍾乳洞の事が書かれている。
A冬場は氷瀑が見られる。
B砂防ダムの奥に炭焼き窯の穴が見える。
B砂防ダムの奥に見える炭焼き窯の穴。
C小型の鍾乳洞。奥行きは無い。
C小型の鍾乳洞。奥行きは無い。
C白石工業の株式会社の境界杭。白石工業は石灰石から炭酸かカルシウムを製造している。
D第一鍾乳洞の看板。観光用に設置?
D第一鍾乳洞はロープを使用し崖を登ります。
D第一鍾乳洞入口。
D第一鍾乳洞入口。
D第一鍾乳洞内部から外部を見た景色。
D第一鍾乳洞内部から外部を見た景色。
D第一鍾乳洞内部。白い鍾乳石。
D第一鍾乳洞内部。白い鍾乳石。
D第一鍾乳洞内部。平らな天井。
D第一鍾乳洞内部。
D第一鍾乳洞内部。
D第一鍾乳洞内部。
D第一鍾乳洞内部。
D第一鍾乳洞内部。蝙蝠のコロニー。
D第一鍾乳洞内部。蝙蝠のコロニー。
 D第一鍾乳洞内部。キクガシラコウモリ。昼間は洞穴やトンネル、家屋などに数頭〜数百頭の群で休息します。夜間になると単独で飛翔し森林や森林に隣接した河川、草原、平地などの採餌場所に行き、低空をゆっくりと飛行しながら蛾や、ゲンゴロウ、コガネムシなどの甲虫から蝉やアブなどの大きい昆虫を捕食します。
 D第一鍾乳洞内部。
 D第一鍾乳洞内部。比較的広い空間。
 D第一鍾乳洞内部。
 D第一鍾乳洞内部。
 D第一鍾乳洞内部。
 D第一鍾乳洞内部。
 D第一鍾乳洞内部。
D第一鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞案内看板。
E第二鍾乳洞入口。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。比較的広い空間。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。
E第二鍾乳洞内部。頭がギリギリ入るぐらいの穴なので次回はラジコンで撮影したいと思います。
E第二鍾乳洞内部。
Fこの先に第三鍾乳洞がある。
G第三鍾乳洞入口。
G第三鍾乳洞入口。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。水が流れている。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。水が流れている。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。
G第三鍾乳洞内部。この先狭いので撤退。
G第三鍾乳洞内部には熊の糞と思われる黒い糞が何カ所か確認出来た。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『下仁田町』を掲載」