更新日時 2022年12月12日

ちょうちん穴&SRT訓練
 ちょうちん穴&SRT訓練:PCC(PIONEER CAVING CLUB)のちょうちん穴ファインケイビングとSRTの訓練に参加しました。私はちょうちん穴の第1洞と第2洞が繋がる狭洞は通れないのでパスし、第2洞入洞後、一旦出洞し、再び第1洞から接続部に行き、第2洞から入洞した人たちを待ちました。また、他のメンバーは最深部まで行き、PCCが1981年5月5日に残置したプレートを確認しました。私は体力的な事を考え、途中の穴の中で他のメンバーが帰ってくるまで待ちました。またSRT訓練ではアセンダーで登りストップに付け替え降りる練習をしました。
@ちょうちん穴の第2洞。
@ちょうちん穴の第2洞入口。
@ちょうちん穴の第2洞入口を内部から見た風景。
@ちょうちん穴の第2洞入口を内部から見た風景。
@ちょうちん穴の第2洞内部。
@ちょうちん穴の第2洞内部。
@ちょうちん穴の第2洞内の有名なハート型の部分。
@ちょうちん穴の第2洞内部チムニーが必要な場所もあります。
@ちょうちん穴の第2洞から第1洞へ繋がる穴。
Aちょうちん穴の第1洞入口。ロープを設置します。
 Aちょうちん穴内部。ロープを設置した理由がこの場所で、基本チムニーで登りますが粘土が靴についてチムニーで踏ん張れないので、私は靴を脱いでネオプレーンソックスを壁に押しつけて踏ん張って登りました。
Aちょうちん穴内部。先ほどの左側上部から見た写真。
Aちょうちん穴内。骸骨の様に見えます。怖くて入れません。
Aちょうちん穴内のチムニーヶ所。
Aちょうちん穴内の第2洞から第1洞への接続部を第1洞側から撮影。
Aちょうちん穴内の第2洞から第1洞への接続部。頭から滑り降りる感じで出てきます。
Aちょうちん穴内の第2洞から第1洞への接続部。あやさんはすんなり出てきました。
Aちょうちん穴内部。
Aちょうちん穴内部。
Aちょうちん穴内部で活動する歩鉄の達人。
Aちょうちん穴内部。
Aちょうちん穴内部に生息している蝙蝠。
Aちょうちん穴内部。
Aちょうちん穴の再奥部に残置されているPCCのプレート。
Aちょうちん穴の近くでSRTの練習。
探索終了後は自宅にてSRT装備類を洗って、ミシン油を給油。
Copyright (C) 2006-2023 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『東京都』を掲載」