日 時  写真  コメント
2022年04月吉日 尾須沢鍾乳洞:尾須沢鍾乳洞は埼玉県飯能市上名栗にある鍾乳洞で車道の尾須沢鍾乳洞看板から約30分ほど登って行く。地元では「蝙蝠岩」と呼ばれているが訪れた時は蝙蝠は見なかった。高さ25mの石灰岩の岸壁にクライマーが多く訪れる。洞窟は3ヶ所の入口があり一番右側の第1洞が一番大きい。第1洞の延長は55mあり石灰岩層とチャート層の境目に出来上がった鍾乳洞で高さ3.5m、幅7mの滝から流れ出る水流が岩肌を薄く覆っている。第2洞の延長は20mで垂直構造を持つ鍾乳洞。第3洞の延長は35m。
2022年03月吉日 大沢の熊穴鍾乳洞:東京都奥多摩町氷川にある鍾乳洞。PCC(パイオニアケイビングクラブ)が何度も探索を行っている。第1洞口と第2洞口があり狭洞を通り抜けられれば行き来できる。第1洞口のアクセスはSRT装備があった方が無難。第2洞口に入って直ぐに約30mの竪坑がありフリクションノットのクレイムハイストを使用しチムニーで登り降りする。第2洞口に入って直ぐの竪坑は途中に休憩する場所が何カ所かあるためにチムニーの練習に適している。
2022年03月吉日 珍空洞(ちゃんから鍾乳洞):ちゃんから鍾乳洞は群馬県神流町にある鍾乳洞で管理されている鍾乳洞。か〜み〜さんか、PCC(パイオニアケービングクラブ)のイベントで入洞出来る。竪穴が多くロープも張られているが、チムニーでの昇降、横移動が必要。簡易ハーネスやフリクションノット用シュリンゲ(アッセンダー)が有った方がベター。
2022年02月吉日 下郷鍾乳洞:下郷鍾乳洞は下仁田町下郷にある鍾乳洞で、第一鍾乳洞、第二鍾乳洞、第三鍾乳洞がある。第一鍾乳洞、第二鍾乳洞は沢を登っていくと看板が設置されている。第三鍾乳洞は谷間に流れ込む水脈によって鍾乳洞が形成されている。その水脈(洞内河川)を辿りながら探索を行う。鍾乳洞を胚胎する石灰岩の地層はサンゴ礁などが発達する暖かい海で、石灰質の殻や骨格をもった生物の遺骸などが海底に厚く堆積することによってできたものである。
2022年01月吉日 大倉鍾乳洞:群馬県南牧村に狭洞突破後に竪穴、大天井空間がある鍾乳洞。全長は1,000m以上有ると言われている。内部は乾燥しているので誇りがすごくマスクをした方がベター。鍾乳洞又は石灰洞は、石灰岩が地表水、地下水などによって侵食(溶食)されてできた洞窟であり、ふつう石灰岩地帯に存在する。「鍾乳洞」が洞窟内に生じた鍾乳石などの洞窟生成物(二次生成物)に視点をおいた用語であるのに対し、「石灰洞」は洞窟を胚胎する地質的な母岩の種類に視点をおいた用語。
2021年12月吉日 蝙蝠穴:群馬県某所にある鍾乳洞。道路から20m程の場所に有る初心者向けの鍾乳洞。観光鍾乳洞では無い。
2021年12月吉日 強清水鍾乳洞:花桐鍾乳洞:観光鍾乳洞では無い鍾乳洞の名称検索は難しい。ネット検索だと強清水鍾乳洞とか花桐鍾乳洞と書かれている。花桐鍾乳洞は近くの地名からそのように呼んだのか?強清水鍾乳洞は飯能市の地誌編担当調査員金子仙太郎さんが強清水の鍾乳洞について記述している。
2021年10月吉日 宇津野洞窟の標高は約165mであり、宇津野洞窟の原形は、新生代第三紀以降洪積世を通じて発達した物で、地下水の働きにより石灰岩が溶かされ現在の姿になったと思われる。部分的には今も鍾乳石、石筍の発達が良好である。葛生町一帯には約2億5000万年前に形成されたと思われる、石灰岩ドロマイト(苦灰岩)を主とした地層が延長30km、直径8km南西に開いた馬蹄形をなして分布している。
2021年09月吉日 安家洞は日本の岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞であり、日本一長い洞窟(総延長約23,702m)。文部科学省によって国の天然記念物に指定されており、自然景勝地でもある。2013年9月に日本ジオパークに認定された三陸ジオパークのジオサイトのひとつ。入り口は1つだけで途中で一旦東西に分岐する主洞の長さは約23,000m、さらに山内新洞・高月新洞・砂山連洞・瞬華洞などの無数の支洞が延びている。
2021年09月吉日 龍泉洞は日本の岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞。岩泉湧窟とも言う。総延長約1,200m(日本の洞窟中第62位)。高低差約249mは日本の洞窟中第5位。秋芳洞(山口県美祢市)・龍河洞(高知県香美市)と共に「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられる。また、地底湖は龍泉洞地底湖の水として1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された。実際の全長は2.5km以上とも5km以上とも言われている(平成24年11月現在で3631mまで確認されている)が、1968年(昭和43年)に洞窟探検家が潜水で事故を起こして以来、調査されていないので、あくまでも予測数値である。
2021年09月吉日 幽玄洞は、岩手県一関市東山町にある鍾乳洞である。採石場跡地から鍾乳洞が発見されたのは昭和55年。当時洞内は大量の土砂に覆われており、取り除く作業が行われ、翌年4月にオープン。奥行き130mだった洞内はその後第2次第3次開発と整備が行われ、平成6年には総延長500mとなり、一方通行が可能になりました。見所にひょうたん池や浄魂の泉(水深10m以上の地底湖)がある。
2021年07月吉日 鬼穴:地下はあぶくま洞と連結しており、鬼穴から流入した雨水はあぶくま洞経由で流出する。2004年以降、あぶくま洞内に生息するニホンテングコウモリ保護のため、鬼穴からこれに通じる穴には扉が設置されている。なお、鬼穴の長さ70mの横穴にはコキクガシラコウモリが生息している。大多鬼丸ホールは長さ100m、天井高は60m以上あり、壁面には45mにも及ぶ日本最大の高低差をもつフローストーン(流華石)が見られる。
2021年07月吉日 あぶくま洞は福島県田村市にある鍾乳洞で1969年9月に釜山採石場跡地から発見された。あぶくま洞の一般見学ルートの長さは600mほどである。入り口から150mほどの地点に、有料の「探検コース」(約120m)への分岐があり、このルートを含めると720mになる。一般には公開されていない経路を含めた洞内の総延長は約3,300m(日本国内第11位)で、今後の探索によってはさらに伸びる可能性がある。 洞内には様々な形状の鍾乳石が発達している。石筍や石柱をはじめ、洞穴シールド(盾板状の平たい鍾乳石)や地下水の侵食痕も見られる。
2021年07月吉日 入水鍾乳洞:仙台平ドリーネから流れ込む水脈によって鍾乳洞が形成され、その水脈(洞内河川)を辿りながら探索します。国の天然記念物に指定されている入水鍾乳洞は、本格的なケイビングの醍醐味が味わえる鍾乳洞。全長約900mの狭い洞内は、入口から最奥部までA、B、Cの3コースに分かれていて、Aコース(600円)は、普段着のままではいれます。Bコース(800円)から奥はほとんど手が加えられていないため、水温10℃の冷たい水に膝まで浸かり、Cコース(6000円)は案内人が必要で、本格的なケイビングが味わえるようヘルメットやプロテクターなどを無料で貸し出。
2015年01月吉日 岡山県指定天然記念物 井倉洞:高梁川沿いにそそり立つ高さ240mの石灰岩の絶壁で壁面に入口がある、永い年月の間に雨水等が浸食してできた全長1,200m、高低差90mの鍾乳洞。探勝時間は約40分。洞内の温度は常に15度〜16度と一定しており夏は涼しく、冬は暖かく感じられこの快適さは自然が作り上げた天然の冷暖房になります。1958年に初めて発見され、翌1959年には新見市によって観光地として開発が進められた。内部には地下河川が流れ、また高さ50mの「地軸の滝」もある。それ以外にも珍しいさまざまな鍾乳石が存在する。
2014年01月吉日 石垣島鍾乳洞は無数の鍾乳石群に彩られた巨大な地底空間 は、まさに宮殿を彷彿されます。 洞窟内には、シャコ貝などの化石も見られかつて海底であったことを語り掛けてくれます。 全長が秋芳洞に並ぶ3200mあり、その中の660mほどが観光洞として公開されています。鍾乳石の数は50万本あり色彩は極めてカラフルである石筍の数は日本一。美しさでは秋芳洞以上かも知れません。以前より公開されている長さが長くなり、より美しくなりました。
2011年08月吉日 龍泉新洞科学館:日本三大鍾乳洞に数えられる龍泉洞。すでに知られているだけでも3100m以上もあり、その全容は5000m以上に達すると推定される。洞内には、世界有数の透明度を誇る深い地底湖が形成され、大自然の息吹を感じさせる青く透きとおったブルーの湖水は、無数の鍾乳石とともに、来訪者を幻想的な世界へ誘う。また、龍泉洞入口の向かい側にある龍泉新洞は、洞内から発見された多数の土器や石器などの貴重な資料や標本を展示した自然洞穴科学館として公開されている。
工事中 1
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

更新日時 2022年04月27日

鍾 乳 洞

蕨市立東中学校 第19期卒業生同窓会

安東先生慰労会