更新日時 2022年09月10日

内の倉ダム
 内の倉ダムは新潟県新発田市、二級河川・加治川水系内の倉川に建設されたダム。農林省(現在の農林水産省)北陸農政局が国営加治川農業水利事業の一環として建設したダムで、現在は新潟県新発田地域整備部が管理を行う都道府県営ダムである。高さ82.5mの中空重力式コンクリートダムで、現時点において日本で最後に建設された中空重力式コンクリートダムとなっている。加治川の治水と新発田市の農地かんがい及び上水道供給と水力発電を目的にして、国庫の補助を受けて建設された補助多目的ダムである。ダムによって形成された人造湖は内の倉湖と命名された。
@内の倉ダムの右岸下流側堤体。YouTube動画リンク
@内の倉ダムの右岸から見る堤頂。
@内の倉ダムの右岸ダム湖側堤体。
@内の倉ダムの右岸のダム管理事務所。
@内の倉ダムの右岸に設置されている銘板。
@内の倉ダムの右岸リムトンネル。
 Aこの模型は、内の倉ダムの一部(中空部)を10分の1で作った物です。この様な形式のダムを「中空重力式コンクリートダム」といいます。中空重力式コンクリートダムは、上流部に「ダイヤモンドヘッド」と呼ばれる水を止める壁を作ることにより、重力ダムの内部に空洞を設けてダムに働く揚圧力を少なくさせるとともに上流側の水の重さを利用してダム本体を安定させ、コンクリート量を節約しています。
B内の倉ダム右岸の七滝トンネル。
C内の倉ダムの堤体。
C内の倉ダムの堤体。
C内の倉ダムの堤体。
D内の倉ダム左岸。
D内の倉ダム左岸から見る堤頂。
D内の倉ダム左岸から見る下流側。
E内の倉ダムのダム湖側から見る堤体。
E内の倉ダムの内の倉湖。
E内の倉ダムの内の倉湖。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『新発田市』を掲載」