更新日時 2022年03月17日

 大蔵鉱山軌道:大蔵鉱山は飯能市にあったマンガン鉱山。吾野駅の北方約10km、正丸峠南方約2km、飯能市南川大倉山に位置していた鉱山で豊岡金属により操業されていた。軌道跡は確認出来なかったが鉱山ではトロッコが使われている場合が多くあり鉱山軌道に分類した。埼玉県の鉱山で一番多く存在したのがマンガン鉱山で大小約70あまりの鉱山が存在した。1939年から1944年にかけてはマンガンが303t採掘され1973年(昭和43年)までの累計で2,000t〜2,500tのマンガンが採掘された。
@正丸駅から約1.3kmの場所に伊豆ヶ岳登山口大倉山コース入口がある。
@登山口入口には車を止める小さなスペースがある。
A登山道の分岐。ここは左側のまっすぐの登山道を行く。
Bこの看板が有る場所の右側の沢を登って行く。
Bこの看板が有る場所の右側の沢を登って行く。
C大蔵鉱山跡から下流側を見る。
C大蔵鉱山跡の抗口。YouTube動画リンク
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の坑道内。
C大蔵鉱山の抗口。
C大蔵鉱山の抗口。
C大蔵鉱山の抗口。
C大蔵鉱山の抗口。
C大蔵鉱山の抗口。
C大蔵鉱山の坑道内。
戻る  Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『飯能市』を掲載」
鉱山軌道 大蔵鉱山軌道