更新日時 2022年10月07日

日立市鮎川の川廻し
 日立市鮎川の川廻し:日立市鮎川の川廻しは千葉県上総地方で多く見られる川廻しと違い鉱山系の道路整備のために行われたと思われる。日立セメント大平田鉱山の近くにあり、内部の岩石は石灰石が多く一部小さな鍾乳洞のような穴が見受けられる。川廻しは千葉県上総地方で多く見られる、蛇行した河川を人工的に短絡させて農地に転用する工法。千葉県上総地方南部の丘陵地において、蛇行した河川の流路をトンネルや切り通しを通るように変更・短絡化し旧河道を水田化させた工事。ほとんどは江戸時代に新田開発を目的に行われたものであるが、ごくわずかに昭和時代に行われたものも存在する。新田開発の他に水路を引くことを目的とした林業型の川廻しも存在する。
A日立市鮎川の川廻し下流側。YouTube動画リンク
 A日立市鮎川の川廻し下流側。以前は水量があり滝壺のようになっていて内部の探索が難しかったが、日立セメント大平田鉱山が閉山になり、鉱山廃水が行われなくなったせいか水量が激減している。閉鎖された鉱山は大きな池になっている。
A日立市鮎川の川廻し内部。
A日立市鮎川の川廻し下流側。
A日立市鮎川の川廻し内部は石灰岩が多く見られる。
B日立市鮎川の川廻し内部。
B日立市鮎川の川廻し内部。
 B日立市鮎川の川廻し内部から下流側を見る。この辺までは水があるので川の水が地下に水が潜り込んでいるのか?
B日立市鮎川の川廻し内部は鍾乳洞のような穴が見受けられる。
B日立市鮎川の川廻し内部は鍾乳洞のような穴が見受けられる。
C日立市鮎川の川廻し上流側の杭口が見える。
C日立市鮎川の川廻しの横穴も人工的に掘られた?
C日立市鮎川の川廻し上流側杭口。
C日立市鮎川の川廻し上流側杭口。
C日立市鮎川の川廻し上流側。上流側は多少水が流れている。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『日立市』を掲載」