日 時  写真  コメント
2021年08月吉日 開墾場の滝:川廻し(かわまわし)は、千葉県上総地方で多く見られる、蛇行した河川を人工的に短絡させて農地に転用する工法。千葉県上総地方南部の丘陵地において、蛇行した河川の流路をトンネルや切り通しを通るように変更・短絡化し旧河道を水田化させた工事。ほとんどは江戸時代に新田開発を目的に行われたものであるが、ごくわずかに昭和時代に行われたものも存在する。新田開発の他に水路を引くことを目的とした林業型の川廻しも存在する。現在は道路工事、宅地造成などに押され、川廻しの特徴的な地形を持つ水田は減少しつつある。小糸川水系の開墾場の滝は林業型の川廻し。
2021年08月吉日
2019年08月吉日
清水渓流広場・亀岩の洞窟では幻想的な光景を見ることができます。亀に似た岩があることから、「亀岩の洞窟」と名付けられたそうです。上から「おんぶ亀・母なる亀・黄金の亀」だそうです。成就亀山の亀でご利益がありそうです。「濃溝の滝」ではなく、「亀岩の洞窟」という名称だそうで、SNSなどで「濃溝の滝」という名前で広まるとその拡散が止まらず苦肉の策で実際に訪れた人には正しい名称で覚えてもらおうと各所に訂正看板を立てたそうです。国土地理院の地図にも「濃溝の滝」と書かれている。
2018年04月吉日 びわ湖疏水船:疏水開削後、明治27年(1894年)に初めて琵琶湖疏水における運搬船が運航されたことを皮切りに、滋賀県・大津から京都までの間で物資を運搬するための舟運が発達し、ピーク時期となる大正14年(1925年)には、琵琶湖疏水によって年間222,927tの資材が運搬され、1日当たりの通船数は150隻に達しました。
工事中 1
Copyright (C) 2008-2021 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

更新日時 2021年09月22日

河川隧道・川廻し・瀬替え

蕨市立東中学校 第19期卒業生同窓会

安東先生慰労会