旧北浦受信所跡地の太陽光発電

更新日時 2022年03月06日

 旧北浦受信所跡地の太陽光発電:KDDIの茨城県行方市の短波通信中継所、旧北浦受信所跡地の円形用地を利用し、直径300mの2.6MWpのメガソーラーを設置した。発電量は一般家庭約720世帯分に相当する年間約2,600MWhを想定。円形の土地を利用したのは解るが、もう少し密に設置しても良さそうだが、何故これだけ空間を空けているのかは不明。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。YouTube動画リンク
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
@旧北浦受信所跡地の太陽光発電。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『行方市』を掲載」