更新日時 2022年07月16日

吹割の滝
 吹割の滝は、群馬県沼田市にある滝。高さ7m、幅30m。奇岩が1.5kmに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。1936年12月16日に旧文部省より、天然記念物および名勝に指定されている。900万年前に起こった火山の噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩が片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり、そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」と称されている。常時水量が大変多いため水難が多発する。また、水の侵食により1年間で約7cm上流に向かって遡行しており、将来的には瀑布は上流に移動することになる。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝。
@吹割の滝の上流。
A吹割の滝の下流の穴?昔プールに使用していた?
A吹割の滝の下流の岸壁。穴が見えるが鍾乳洞?岩質からは違うような?
B鱒飛の滝。
B鱒飛の滝。
 B鱒飛の滝。鱒が海から上がってきても、ここで上流に行けずに止まってしまうことから、昔は鱒止の滝と言われていたそうです。それがいつしか鱒飛の滝と呼ばれるようになりました。
Copyright (C) 2008-2022 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『沼田市』を掲載」